こんにちは!静岡県浜松市東区に拠点を置き、浜松市中区を含む幅広いエリアで土木工事を手掛けている株式会社生駒です。
あなたは「建築リサイクル法」と「廃棄物処理法」という法律を知っていますか?
どちらも解体工事に関係する法律のため、解体工事に興味がある方はぜひ学んでおくべきです。
そこで今回は、建設リサイクル法と廃棄物処理法について詳しく解説していきます。

建設リサイクル法とは?


平成12年、建設廃棄物のリサイクルを図るためにつくられた法律が「建設リサイクル法」です。
平成12年頃はちょうど、不法投棄が問題になった時期でした。
建設廃棄物の適正な分別や再資源化を促進するために制定されたのです。
建築リサイクル法の対象となる工事は「特定建設資材を用いた建築物等の解体工事や新築・改修工事等で、規模の基準以上のもの」とされています。
特定建設資材とは、木材・コンクリート・アスファルト・コンクリートおよび鉄から成る建設資材などです。
規模の基準は、建築物の解体工事であれば床面積80㎡以上となり、他にも新築時や修繕時などによって細かく基準が定められています。
不法投棄は、建設リサイクル法による処理方法の確立や不法投棄の罰則化によって減少しつつありますが、完全になくなったわけではありません。
環境を守るためにもしっかり分別や再資源化を行い、不法投棄のゼロを目指す必要があります。

廃棄物処理法とは?

廃棄物処理法とは、1970年に制定された廃棄物に関する法律のことです。
廃棄物の排出をおさえ、分別や運搬、再生・処分など適正な処理方法を定めて、環境を綺麗に保つことで生活環境の保全と公衆衛生の向上を目的としています。
廃棄物は大きく分けて一般廃棄物と産業廃棄物に分かれています。
「建設リサイクル法とは?」でご紹介した建設廃棄物は、一般廃棄物と産業廃棄物の両方を含む概念です。
産業廃棄物であれば産業廃棄物収集運搬業の許可を受けている事業者に委託して処理、一般廃棄物であれば市町村が処理をします。

【求人】新規スタッフを募集中!


弊社では、土木工事における新規スタッフを募集しております。
具体的には、工事現場でのダンプ運転手や重機オペレーターになります。
ベテラン社員からの丁寧な指導や資格取得支援制度がありますので、未経験でも安心してチャレンジ可能です。
また、スタッフが長く働ける環境を整えることが会社の成長につながると考え、社会保険や昇給制度も導入しております。
ぜひ働きやすい環境の中で、ダンプ運転手・重機オペレーターのお仕事をしてみませんか?
まずはお気軽に採用情報ページよりご連絡ください。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


静岡県で産業廃棄物収集運搬・土木工事は浜松市の株式会社生駒
ただいま、現場スタッフ・ダンプドライバーを求人中!
〒435-0016 静岡県浜松市東区和田町58-10
TEL:053-464-5996  FAX:053-464-5931